おならとヨーグルト

ヨーグルトの特徴について

誰もが一度は食べたことのあるヨーグルトは、乳酸菌を利用して作られています。

ヨーグルトの種類によって含まれている乳酸菌も異なるので効果は変わるのですが、ビタミンを作る腸内細菌の働きを助けたり、胃もたれによる胃酸の分泌をコントロールしてくれます。

また、身体に悪い作用をする腸内細菌によって発がん物質が発生してしまうのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がこれを防いでくれるのです。

朝食として毎日ヨーグルトを食べているという方は多くいらっしゃるのですが、これは非常に効果的であると言えます。

 

おならとヨーグルトについて

おならが臭い時には、ヨーグルトを食べると改善されると言われております。

一般的にはおならの原因として、食事や会話をする時に無意識のうちに飲み込んでしまう空気なのですが、食べ物の消化物の残りが腸内細菌によって発酵されたり、腐敗したりすることでおならのガスが発生する仕組みとなっているのです。

つまり、食事の内容によってどのようなガスが生じるか変化するというわけです。

肉類を中心として動物性タンパク質を多く摂取していると、ブドウ球菌や大腸菌といった悪玉菌が腸内にあるタンパク質を腐敗させてしまうので、臭いの強いおならが出てしまいます。

このガスにはアンモニアやインドールといった刺激性の強い成分が多く含まれているので、ただ単に臭いというだけではなく、多くの病気を引き起こす可能性があるのです。

そこで、ヨーグルトを積極的に摂取してみてください。

先ほども説明したのですが、ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれており、これが悪玉菌が繁殖するのを抑制したり、腸内のぜんどう運動を促したりしてくれるので、便秘の予防に繋がります。

そして、腸内環境が善玉菌優位になれば、腐敗型のおならではなく、メタンガスなどを発する発酵型のおならとなるので、臭いも解消されるというわけです。

このように、ヨーグルトを食べることで、臭いおならから良いおならへと変化させることができるので、非常に優れた食べ物であると言えるでしょう。

ただし、1日や2日ヨーグルトを食べたからといって、すぐに腸内環境が改善されるわけではありません。

すぐに止めてしまっては思うような効果を得られないので、最低でも1週間は続けて食べることを心掛けてみてください。

また、1日に大量のヨーグルトを食べるよりも、決まった量を毎日摂取し続ける方が効果的です。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー