おならと食べ物

おならが出やすい食べ物について

おならが出やすいという方は、なぜ出るのだろうと不思議に思うかもしれませんが、それは普段から摂取している食べ物にあります。

おならが出やすい食べ物を食べたからといって必ずしもおならが出るとは限りませんが、出やすくなってしまうのは間違いありません。

おならの元であるガスになりやすいのは、肉類・豆類・イモ類・ゴボウなどが挙げられます。

また、牛乳や炭酸飲料を飲むとおならが出やすくなってしまうのです。

これらの食品は糖質を多く含んでおり、消化がされにくいので、細菌によってガスに変えられてしまい、おならが出る仕組みとなっています。

しかし、肉類以外の繊維質の多い食べ物を多く摂取しているという方は、おならが臭くないという特徴があります。

肉類や卵、そして油っぽい動物性タンパク質を普段から多く食べているという方は、腸に必要以上の負担がかかり、臭いガスが発生しやすくなってしまうのです。

逆に、繊維質や野菜を多く摂取しているという方はおならの回数が増えてしまうという代わりに、炭酸ガスやメタンガスといった臭いの少ないおならとなるので、特に気にする必要はありません。

おならが臭くないということは腸内環境が良いということであり、至って健康的な生活をしていることとなるので、おならが多いからといって不安にならなくても大丈夫です。

とは言っても、上で説明したような動物性タンパク質を一切摂取しないというのは非常に難しいと言えます。

そこで、これらの食べ物を摂取する時は、ゆっくりと食べて消化を良くするように心掛けてみてください。

良く噛み、ゆっくりと食べることで、消化されなかった動物性タンパク質が大腸に流れてしまうという危険性はないので、おならを減らせるのです。

きちんと消化されれば臭いもなくなっていくので、早食いはできるだけ避けた方が良いでしょう。

 

おならを出さないようにする食事方法について

先ほども少し説明致しましたが、おならを出さないようにするにはゆっくりと食べて、空気が入り込まないようにすることが大切です。

急いで流し込むような食べ方をしていると、同時に空気が胃の中に入り、それがガスの原因となってしまいます。

そのため、余裕を持って食べ物をとる習慣を身に付けることが大事です。

また、食事中に誰かと話しながら食べていると、空気が入り込みやすくなってしまいます。

人と食事をしている時に、無言で食べるというのは非常に難しいのですが、空気が中に多く入ってしまうという知識は心得ておかなければなりません。

そして、一番大事なことは、全ての栄養素をバランス良く摂取するということです。

外食が多いという方は、栄養分に気を配るのは難しいのですが、おならの臭いを抑えたい方や回数を抑えたいという方は、少し意識してみてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー