おならとストレス

おならとストレスについて

おならが出るのは、食生活だけが原因であると思っている方が多いのですが、決してそんなことはありません。

確かに、ニンニクやネギなど臭いが強いものを食べるとおならが臭くなり、回数も多くなってしまいます。

しかし、ストレスが溜まることでもおならは出るようになるのです。

人はリラックスをしている時に、自律神経の一つである副交感神経が優位に働くようになっているのですが、ストレスが溜まり続けるとこの神経が上手く働かなくなってしまいます。

そうすると、胃腸の働きも鈍ってしまうので、ガスが溜まりやすくなり、おならが出るようになるのです。

また、無意識のうちに空気を飲み込んでしまう空気嚥下症という病気も大きく関わってきます。

精神的なストレスが溜まり続けると、空気嚥下症が引き起こされる可能性が高くなるのですが、知らずのうちに空気を飲み込み、それがおならとなって出るようになります。

飲み込んだ空気はゲップとして出すことで改善されるのですが、女性の方は気軽にゲップをすることができないでしょう。

このように、ゲップを我慢することで体内に飲み込まれた空気を体外へと排出することができず、おならとして出さなければならなくなるのです。

このように、皆さんが思っている以上に胃腸はデリケートな部分ですので、ストレスに弱くなっている特徴があります。

さらに、「人前でおならが出てしまったらどうしよう」と悩むことで、さらにストレスが溜まり、腸の状態は悪化することが考えられます。

以上のことから、ストレスとおならは深く関係しているので、おならの回数を減らしたいと思っている方は、ストレスを解消しなければなりません。

ストレスによって引き起こされるものはおならだけではなく、頭痛や腹痛なども挙げられます。

もっと大きな病気に発展するというケースも考えられるので、もしストレスが溜まっているなと感じたのであれば、すぐに解消するようにしましょう。

解消方法に関してはたくさんあるので、ここでは全てを説明することはできませんが、自分 がリラックスできると感じたことをすれば、自然と改善されていきます。

「こんなことをしていると楽な気持ちになる」「こんなことをしていると楽しくて仕方がない」と感じることは誰にでもあると思います。

このように、自分が夢中になれることをすれば、ストレスはだんだんとなくなっていきます。

胃腸の働きを良くするためにも、過度のストレスには十分に注意してください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー