おならの成分

おならの成分について

おならに含まれている成分について多くの方が勘違いをしていらっしゃるのですが、実はほとんどの成分が全く臭いを発しないものとなっております。

成分全体の約7割を占めるのが窒素・水素・炭酸ガス・酸素となっており、これは空気であると言えます。

この空気は食事をしている時に一緒に口から入ってしまうので、おならが出やすくなってしまうのです。

また、アレルギー性鼻炎の方などで、鼻呼吸ではなく口呼吸が中心となっている方は、余計に空気を吸い込んでしまうこととなるので、おならの量が正常な人よりも増えてしまいます。

そして、全体の約2割を占めているのが体内を流れている血液中のガスとなっております。

これら空気や血液中のガスは無臭となっているので、おならは残りの1割を占めるアンモニア・インドール・スカトール・硫化水素といったように食べ物が分解されて発するガスによって臭っているのです。

スカトールという成分は香水にも使われていることがあるので、臭いが強いということが分かるのではないでしょうか。

なぜ、臭いの元となる成分が臭いかというと、アンモニア・インドール・スカトールといった成分は、大便の材料ともなる腸内細菌を作り出してしまう有害な物質だからです。

もちろん、人によっておならに含まれる成分の割合は異なるのですが、一般的にはこのような仕組みとなっています。

おならが臭いという方は臭いを発する成分の比率が多くなるでしょうし、特に臭いがしないという方は、酸素や二酸化炭素といった空気と血液中のガスの割合が高くなるのです。

アンモニアやインドールといった臭いを発する成分が発生するのは、肉類や卵といった動物性タンパク質を多く摂取していることが原因となっております。

つまり、普段から摂取している食べ物によって、おならの中に含まれている成分の比率が変化するというわけです。

肉類や卵を食べたからといって臭くなるのではなく、動物性タンパク質ばかりを摂取していると臭いおならを発するようになってしまいます。

つまり、野菜やビタミンといった栄養素を満遍なく摂取していれば、動物性タンパク質を摂取したとしても、臭いの原因物質は多くはならないというわけです。

さて、この人間が発するおならの中に含まれている成分には、有害なものがあると言われております。

先ほど挙げた成分というのはその一部であり、全ての成分を合わせると400種類は軽く超えてしまうそうです。

そして、臭いを発する成分は人体に影響が引き起こされるため、あまりおならを我慢しすぎていると、おならの中に含まれている毒素が腸管を傷つけ、免疫力が低下したり肝機能が低下したりしてしまうのです。

おならを我慢するということは、腸の中にガスが溜まり続けるということになるので、身体に良くないということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

おならを我慢しなければならない状況というのは誰にでもあると思われますが、おならをしないのではなく、人がいないところやトイレなどでこっそりと出すようにしてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー