おならの音

おならの音について

おならの臭いに悩まされているという方はいらっしゃるかもしれませんが、実は音に悩まされているという方も多くなっています。

大きな音が出るおならの場合は、比較的臭いがないことが多いのですが、それでも恥ずかしいということには変わりないでしょう。

「どうしても我慢しなければならない」「絶対に音は出してはならない」という状況であったとしても、人間ですからふとした瞬間に音が出てしまうことはあります。

おならのガスは肛門を広げたり縮めたりする肛門括約筋でせき止められているのですが、体内にガスが溜まりその量が多くなることによって、肛門括約筋を閉まっていられずに瞬間的にガスを出してしまいます。

この吹き出た音こそがおならなのです。

つまり、どんなに我慢していたとしても、少し気が緩んだ時に肛門括約筋が開いて、大きな音と共におならが出てしまうことは十分に考えられます。

確かに、大きな音が出てしまうと、人によっては臭いよりも恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、そこまで考え込む必要はありません。

生理現象の一つであると考えて、気楽に流すことが大切なのです。

あまり深く考えすぎるとストレスが溜まってしまうので、真剣に悩まない方が良いでしょう。

 

おならの音が出てしまった時の対処方法について

おならをして音が出てしまったという時は、何とかして切り抜けられないかと多くの方は考えるかもしれませんが、黙ってやり過ごそうとしたり他人のせいにするというのは、あまりおすすめできません。

他人のせいにするという方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、咳払いなどをして誤魔化そうとする方はいます。

しかし、このように変に誤魔化すよりも、おならをしたということを正直に伝えた方が良いのです。

女性の場合は、他人におならという言葉を発すること自体が恥ずかしいと感じるかもしれませんが、正直に自分の非を認めることで、それが評価されるということもあります。

自分から言わなければ気まずい空気が流れてしまいますし、そのような状況を打開するには正直に深刻するしかありません。

そうすれば、おならをしたからといって怒るという方はいらっしゃらないと思われます。

自分が正直に話すことで、相手もリアクションを取りやすいので、気まずい空気が流れてしまうという心配はないのです。

おならの音が出てしまったという場合は、このような大人の対応をとることで、問題なくやり過ごすことができるのではないでしょうか。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー