おならでお腹が張る

おならでお腹が張るという方へ

おならを腸内に溜め込みすぎている方は、お腹が張ったような感覚となってしまいます。

つまり、大腸の中にガスが溜まりこんでいるのに、それを上手く体外へ排出できないということで、お腹がパンパンとなるのです。

このような状態となると、腹痛が引き起こされたり、苦しく感じたりしてしまうので、辛い症状の一つであると言えます。

お腹にガスが溜まる原因として、「食事の際に空気を一緒に飲み込んでしまう」「炭酸飲料やビールを飲みすぎている」「暴飲暴食をしている」「腸の動きが悪くなっている」「精神的なストレスを感じることが多い」といったように、様々なものが挙げられます。

そのため、原因を特定することが難しいのですが、お腹は腸内の健康状態を示唆しているバロメーターであると言えるので、過剰にガスが溜まる状態はできるだけ避けた方が良いのです。

不快感には個人差があり、何も感じないという方がいれば、重度の腹痛が引き起こされる方もいらっしゃいます。

すぐに何かしらの症状が表れてしまうという方は、「何も感じない方が羨ましい」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

何も感じないということは、自分の大腸の中にガスが溜まっているということに気が付かない可能性があるのです。

ガスが体内に溜まり過ぎていると、知らず知らずのうちに内臓が圧迫されてしまうので、非常に危険であると言えます。

このような症状を改善させるには、おならをして体内にあるガスを発散させる必要があるのですが、中々上手くおならを出せないということでガスが溜まっているので、自分の思うようにはいかないでしょう。

そこで、腸内のガスを体外へ排出させるために、腰をトントンと叩いて刺激してみてください。

ガスが溜まるのは腸の機能に異常が引き起こされていることが原因ですので、そのような時は腰部の筋肉を刺激してリラックスさせることで改善できます。

まずは、椅子に座って、両手でお尻の上辺りをポンポンと叩いてみてください。

そのまま叩く位置を上へずらしていき、同じように刺激を与えていきます。

次に自分のウエストラインをチェックして、その下部と上部を交互に叩いてみましょう。

この運動を行うことで腸の機能が正常になる可能性があるので、是非積極的に試してみてください。

もちろん、このようなマッサージだけではなく、自分の生活習慣を見直して、規則正しい食生活を送ることが大切です。

急いで食べようとすると、一緒に空気が入り込み、ガスが溜まってしまうので、ゆっくりと良く噛んで食べるように心掛けましょう。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー