おならが出るメカニズム

おならが出るメカニズムについて

おならは人前で出すと非常に恥ずかしいということで、無理に我慢しているという方は多くいらっしゃるはずです。

おならが出るメカニズムは、小腸の上部で吸収されなかった食べ物のカスなどが、大腸内で腸内の細菌によって分解された時によるもので、ガスとして体外に排出されます。

ガスのほとんどは腸管から吸収されますが、それを吸収しきれなかったものがおならとして発生するわけです。

どのように出るかというと、腸を始めとして胃や食道でも行われているぜん動運動によるもので、平滑筋・縦走筋・環状筋と呼ばれる筋肉によって弛緩と収縮が交互に繰り返され、その影響で消化管がくびれておならが出るというメカニズムとなっております。

個人によって異なりますが、一般的に大人であれば1日に0.5〜1.5リットル程度のおならが5回から20回に渡って排出される傾向にあり、便秘症の人や緊張しやすい体質の方は、通常の人よりもおならが出やすいのです。

おならが引き起こされる回数やに臭いによって身体のコンディションの良し悪しをある程度判断でき、腸内の健康状態を示しているバロメーターであると言えるでしょう。

とは言え、全くおならをしないという方はおらず、我慢しすぎることで便秘になったり腹痛が引き起こされたりするので、定期的に発散させる必要があります。

言わばおならは体内で不要のガスで、これが排出できずに体内に残されていると、身体に悪影響が引き起こされるということはお分かり頂けるはずです。

おならが出るメカニズムを知ったとしても、特に女性であれば人前で平気に出すことは絶対にできないはずなので、どのように解消すれば良いのか分からないかもしれません。

そこで、トイレなど人がなるべく集まらない場所で放屁することをおすすめします。我慢したおならは小腸まで逆流して、そこで血液中に吸収されて体内を巡り、口から出される可能性も十分にあるのです。

口臭が急に酷くなったという方は、普段から摂取している食べ物に原因があるだけではなく、おならを我慢しすぎていることが要因だと説明できます。

実際に、おならを我慢したことで様々な病気が引き起こされるかもしれないので、定期的に発散させなければならないことがお分かり頂けるでしょう。

以上のように、おならが出るメカニズムを知ったとしても、回数や臭いを解消できるというわけではありませんが、日々の生活の中で改善できることはあるので、このサイトで記載されていることを参考にしてみてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー