おならに効く薬

おならに効く薬について

おならがどうしても止まらないという方は、薬に頼ってみてはいかがでしょうか。

おならを我慢するのには限界がありますし、腹痛が引き起こされたりストレスが溜まったりと決して良いことはありません。

できるのであれば、食生活を改善しておならの回数を抑えたいところですが、時間がかかってしまいますし、体質によっては全く変わらないということも十分に考えられます。

そんな時に役に立つのが市販薬です。

市販薬であれば簡単に手に入れることができますし、大きな費用もかからないでしょう。

そこで、小林製薬のガスピタンという薬を試してみてください。

これを飲めばすぐに腸内のおならが消えるというものではありませんが、消化酵素で食物繊維を分解し、腸に溜まったガスを排出してくれるのです。

腸に溜まったガスを上手く体外へと排出できないと、そのガスが元となって異常発酵を引き起こし、さらにガスが発生してしまうので、その悪循環を断ち切るために、小林製薬のガスピタンが効果的であるというわけです。

結果的におならを減らすことができるので、使用する価値は大いにあります。

ただし、ガスピタンは精神的なストレスが原因で引き起こされる過敏性腸症候群には効き目がないと言われています。

しかも、過敏性腸症候群はストレスが原因ではないこともあり、放置したからといって急に良くなるものではないので、一度専門医の診断を受けてみてください。

何十年も過敏性腸症候群に悩まされているという方はいらっしゃるので、早めに対策を打つことが必要不可欠です。

このように市販の薬を使用しておならを止めることは可能なのですが、おなら抑制のために薬を毎回使用するということに胃を唱えている方もいらっしゃいます。

確かにおならは誰にでも出るものですので、無理をして止める必要はないという意見は十分に理解できます。

それに、薬に頼りすぎていると、服用のし過ぎで薬に対する免疫が身体の中にできてしまい、効果が薄れてしまうということも考えられるのです。

そのため、どうしても必要な時にだけ薬を使用し、それ以外は定期的に運動を行ったりして、身体の自然の力に任せてみてはいかがでしょうか。

運動やストレッチをして腸を動かせば、ガスがしっかりと体外に排出されるようになるので、体調が悪くなるということはありません。

そして、日々の食事に気を配っていれば、匂いがない良いおならが出るようになるのです。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー