おならの回数

おならの回数について

おならを頻繁にするという方は、「他の人は一体どのくらいのおならをするのだろうか?」と回数が気になってしまうかもしれません。

もちろん、腸の状態や体調によって変化が起きるので一概には言えないのですが、平均的すると1日に13回であると言われています。

この回数を見て、「多い」と感じた方も「少ない」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

成人が1日に発するおならの量は100ml〜2500mlであると言われているので、全くおならが出ないという方はいらっしゃいません。

睡眠中におならをするということも十分に考えられるので、自分ではしていないつもりでも気付かないところでおならを出しているのです。

食生活によっておならの回数は変化するのですが、性別による差は一切ないと言えます。

特に女性は男性よりも羞恥心が強いので、人前でおならをすることに対しての罪悪感があるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、おならは人間の生理現象の一つであると言えるので、我慢するということは決して身体に良いことではないのです。

「おならの回数が多くて困っている」「おならの回数を何とかして減らしたい」と考えている方は多くいらっしゃると思われますが、先ほども説明したように1日に平均して13回はおならが出てしまいます。

もしかしたら、人前ではなく自分一人の空間にいたとしても、「おならをすること事態が悪い」と考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、決してそんなことはないのです。

おならの改善・対策で説明しましたが、いくらおならの回数を減らし、臭いおならを回避できたとしても、おなら自体を完全に防ぐことはできなくなっております。

それは、普通に生活をしているだけで、人間の腸の中にガスが溜まってしまうからです。

過度におならを我慢し過ぎると腹痛が引き起こされたり、すい臓や横隔膜の下に位置している脾臓が圧迫されて痛みを覚えたりしてしまいます。

それに、ガスを溜めることで大腸が膨張し、膨らんだ大腸は便を送り出しにくくなるので、便秘になりやすくなるのです。

女性の方で便秘になっている方が多いというのは、このおならを我慢し過ぎていることが理由の一つとして挙げられるでしょう。

このように、ただのおならと甘く見るのではなく、病気にかかる可能性があるので、十分に気をつけなければならないのです。

このサイトを参考にすればおならの回数を減らせると思われますが、ある程度のおならはしっかりと発散させる必要があるということを理解してください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー