おならと痔

おならと痔について

おならと痔に直接的な関係はないのですが、どちらも腸内環境が乱れていることで引き起こされるのです。

「おならが多いから痔が生じる」「痔が引き起こされているからおならの回数が多い」というものではありませんが、腸内環境が異常だからこそおならも臭くなり、痔も引き起こされます。

人間の腸内には数え切れないくらいの腸内細菌が生息しているのですが、これらの細菌は常にバランスを保ちながら食べ物を消化したり分解したりしてくれます。

しかし、腸内環境が悪化するとこれらの細菌もバランスを崩し、食べ物を正常に発酵できずに腐敗させてしまうのです。

これが腐敗型のおならが引き起こされる原因となっております。

痔も同じで、肛門にできた血栓や傷に腐敗した便がつくことで感染症を引き起こし、炎症が起きるのです。

他にも痔になる原因は幾つか考えられるのですが、腸内細菌のバランスが崩れたという理由が一般的です。

きちんと腸内細菌が発酵を行った便はふっくらとしていて、刺激的な臭いがすることはありません。

しかし、バランスが乱れて腐敗した便は異常に臭ってしまいます。

この便の中に含まれている病原菌が痔の主な原因です。

さて、臭いおならも痔も腸内環境が乱れて、細菌のバランスが崩れることで引き起こされるのですが、この根本的な原因は一体何なのでしょうか。

それは、現代の食品に多く含まれている薬なのです。

腸内細菌のバランスは人によって異なっており、それぞれが食べるものによって自然に作り出され、バランスを保てているのですが、現代の食品には細菌の増殖を防ぐ保存料や、食品を長く持たせるための薬が使用されています。

そして、食材を畑で作るという場合は、多くの農家で細菌を殺すための農薬が使われていることでしょう。

確かに、これらの薬が使用されていることによって、私たちは安全で綺麗な食品を口にすることができるのですが、逆に細菌を殺しすぎてしまい、腸内細菌を補給できなくなったのです。

細菌と聞くと多くの方は悪いイメージを抱くと思われますが、人が健康に生活をしていくためには、腸内になくてはならない存在なのです。

このような原因によって、おならや痔が引き起こされるという方が多くなっております。

痔は薬で改善できるのですが、人によっては全く良くならないかもしれません。

そのような方は恥ずかしいかもしれませんが、しっかりと病院に行って治してもらってください。

自然に治ることも十分に考えられるのですが、病院に頼った方が確実に治すことができます。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー