おならが出なくて痛い

おならが出なくて痛いという方へ

おならが出なくて痛みを感じるという方がいらっしゃいます。

これは、実はおならが原因で痛みが引き起こされているのです。

多くの方は腸内に異常があるのかなと思ってしまうのですが、消化器官の働きとは特に関係はありません。

もちろん、消化器官に何か異常があって痛みが引き起こされているということも十分に考えられるのですが、多くの場合はおならが原因であることが多いのです。

これは特に動いた時や運動をした時に引き起こされるのですが、おならは腸内の一定の場所にあるというものではなく、色々なところに存在しています。

そして、運動をすることによって腸の上の方へ移動し、腸が曲がっている場所で留まります。

つまり、ここに留まったおならが腸を押し潰すような形となるので、痛みを感じるようになるのです。

そのため、おならが溜まっている状態で運動をするというのは、腹痛が引き起こされてしまうので、決して良いとは言えません。

ただし、運動から引き起こされる腹部の痛みは、休んでいれば腸内のおならはあちこちに広がるので、自然と解消されていくでしょう。

しかし、おならが出ないという症状はそのままにしていると非常に危険ですので、すぐに改善する必要があります。

ただガスが溜まるだけであると軽視している方がいらっしゃるのですが、有毒なガスが腸内に長く滞在し続けるということになるので、身体にとって決して良いとは言えないのです。

そこで、腸を動かしておならを出しやすくするために、お腹を引っ込めたり出したりという体操を繰り返し行ってみてください。

この体操を毎日行うことによって、おならが出やすくなるのです。

必ずしもおならが原因で痛みが引き起こされているとは限らないのですが、考えられる可能性を一つ一つ潰していくということが大切ですので、積極的に行っていきましょう。

ただし、それでも痛みが引かないという場合は、急性虫垂炎や急性腹症といった病気が奥に潜んでいるということも考えられます。

そのため、心配な方は専門医の診断を受けるために、病院を訪れてみてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー