おならとガスピタン

おならが多い時や臭い時に効果的なガスピタンについて

おならが多い時や臭い時に効果的な医薬品の一つがガスピタンで、小林製薬から製造・販売されております。

テレビのコマーシャルでも放送されていた時期があり、覚えやすい名前なので知っている方は多いはずです。

いわゆる整腸剤の一つがガスピタンで、決まった量を服用することで腸内に溜まっていたガスが排出されやすくなり、腹部膨満感といった不快な症状を解消してくれます。

おならが多い時はそこまで問題はないかもしれませんが、あまりにもおならが臭い時は腸内環境が乱れている可能性が高いので、ガスピタンといった薬の効能に頼るのが良いかもしれません。

食物繊維を多く含む食べ物を食べたり、乳酸菌が含まれたサプリメントを摂取したりという対策だけでは改善できない方もいらっしゃいます。

その点、ガスピタンを服用すれば一定期間に渡っておならの回数が多くなり、その後は消化酵素や乳酸菌の整腸作用で腸内にガスが溜まりにくくなり、「お腹が張って重い」「お腹が張って苦しい」という症状を克服できるのです。

特に、女性の方はホルモンバランスの乱れで便秘を引き起こしやすく、お腹のハリや圧迫感といった症状で悩まされやすくなります。

ガスが腸内にあまりにも溜まりすぎると大きく膨らみ、圧迫感を中心とする不快な症状が引き起こされやすくなるので、スッキリとした状態を維持する努力を行わなければならないのです。

そのサポートをしてくれる医薬品の一つがガスピタンで、18錠入りの製品が1,050円、36錠入りの製品が1,700円とお手頃な価格で販売されております。

ヨーグルト味で飲みやすいという点も、ガスピタンの大きなメリットなのではないでしょうか。

もちろん、人間が腸内のガスを排出するために行うおならは生理現象なので、ガスピタンを服用しても完全におならが止まるわけではないのです。

それでも、腸内環境の乱れで便秘や下痢といった症状が生じやすくなるので、普段の食生活が乱れていたり運動不足に陥ったりしている方は、症状の緩和のためにガスピタンの服用が非常に適しております。

腹痛や下痢といった副作用を引き起こすと言われているものの、1回1錠を食前や食後に1日3回に渡って正しく服用していれば、ガスピタンによる副作用のリスクを少しでも抑えられるはずです。

別の病気を治すために医薬品を服用している方は、ガスピタンとの飲み合わせによって効果が薄れたり効きすぎたりしてしまうかもしれないので、事前に医師に相談してください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー