おならと二日酔い

おならと二日酔いについて

二日酔いになるとおならが臭くなったり、回数が多くなったりという状態に陥ると口コミを残している方がおりました。

「何で二日酔いの日はおならが臭いの?消化器管に問題が潜んでいるの?」という疑問を抱えるのは不思議ではないはずです。

確かなことは分かっていないものの、恐らくアルコールが分解された際に発生する有毒物質のアセトアルデヒドが関係しているのではないでしょうか。

「ビールや日本酒を飲む」⇒「肝臓にアルコールが運ばれる」⇒「アセトアルデヒドが発生する」⇒「酢酸に分解される」⇒「水と炭酸に分解される」という流れで二日酔いが発生します。

あまりにもお酒を飲みすぎているとアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、吐き気や頭痛といった二日酔いの症状が引き起こされるのです。

アセトアルデヒドは人体にとっては有毒な物質なので、胃腸に影響を及ぼしたとしても不思議ではなく、おならが臭くなったり回数が多くなったりという状態に陥ることはあります。

おなら自体は生理現象なので特に我慢する必要はないものの、二日酔いには十分に注意した方が良いのです。

軽い吐き気や頭痛といった症状で済めばまだしも、「ふらつく」「ろれつが回らなくなる」「嘔吐する」という状態では確実に日常生活に支障が生じます。

休日ならば特に問題はないかもしれませんが、翌日に仕事があるのならば飲酒の量をセーブして二日酔いにならないように注意した方が良いでしょう。

もちろん、気を付けていても上司や取り引き先との付き合いで仕方なく飲まされることはあるため、以下では二日酔いの予防方法をご紹介していきます。

 

・脂肪分やカテキンはアルコールの吸収を遅らせてくれるので揚げ物を食べたりお茶を飲んだりする

・アルコールを早く体外へと排出させるために水を交互に飲む

・血中のアルコール濃度を下げるためにエスエス製薬から販売されているハイチオールCを飲む

・お酒を飲む前に肝機能を向上させるウコンやタウリンを含む栄養ドリンクを飲む

・お腹の辺りにカイロを貼って肝臓の機能を向上させる

・アセトアルデヒドの分解を助けるビタミンCを摂取する

 

上記のような予防を心掛けていれば二日酔いのリスクを大幅に減らせますし、おならが臭くなるような状態も避けられるはずです。

お酒を飲んでいる場で急に水やお茶を注文すると場の空気が乱れるかもしれないので、居酒屋に入る前にウコンを飲んだり、トイレでこっそりとペットボトルの水を摂取したりといった対策が適しております。

二日酔いで辛い経験がおありの方は、お酒を飲む前に徹底した予防を心掛けてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー