おならとコーヒー

おならとコーヒーについて

「コーヒーを飲むとおならの回数が多くなる」「ブラックコーヒーを飲むとおならが臭くなる」という悩みを抱えている方はいらっしゃいます。

そこまでコーヒーが好きではなくても、仕事上お客様のところで出される機会は意外と多く、1日に何杯も飲むことはあるはずです。

しかし、コーヒーでおならの回数が増えたり臭いが酷くなったりということは基本的にありませんし、むしろ整腸作用を持ち合わせているということで注目を集めております。

コーヒーの中には腸内の善玉菌のエサになって悪玉菌を減らしてくれるコーヒー豆マンノオリゴ糖が含まれており、定期的に摂取することで腸内環境を整えてくれるのです。

腸内環境が整って善玉菌と悪玉菌のバランスが取れればおならの臭い対策ができますし、ビフィズス菌といった善玉菌を増やすことで下痢や便秘といった不快な症状の予防にも繋がります。

コーヒーにもココアのように整腸作用が期待できますし、コーヒーを飲む度におならが増えるのは勘違いです。

ただし、通常の缶コーヒーやドリップコーヒーの中には、コーヒー豆マンノオリゴ糖は含まれていないので注意しなければなりません。

おならが臭いからといって飲み続けていてもコーヒー豆マンノオリゴ糖を摂取できなければ善玉菌を増やして腸内環境を促すことはできませんし、ただカフェインを過剰摂取しているに過ぎない状況に陥るのです。

そこで、1杯当たり80mg程度のコーヒーオリゴ糖が含まれているインスタントコーヒーがおすすめで、AGF(味の素)から販売されている「〈ブレンディ〉コーヒーオリゴ糖入りインスタントコーヒー」がおすすめとなっております。

大手のメーカーから作られているので品質は確実に良いですし、「厚生労働省許可特定保健用食品(トクホ)」と記載されているので安全性は高いはずです。

とは言え、オリゴ糖を摂取する方法はコーヒーだけではなくサプリメントといった健康食品でも可能ですし、おならの対策をしたいからといってコーヒーを飲みすぎない方が良いでしょう。

1日に飲む量があまりにも多いとすい臓への負担が大きくなりますし、カフェインの過剰摂取によって中毒を引き起こすことがあります。

すい臓は酵素を含んだ消化液を分泌するという重要な働きを担っており、コーヒーの過剰摂取によって働きが滞れば消化液が少なくなって食べ物を消化できなくなるのです。

その結果、腸内に不必要に食べ物が残って腐敗し、逆におならの臭いが酷くなるので注意してください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー