おならが臭い.net

おならが臭い原因について

生理現象であるおならは誰でも出るものであり、仕方がないと言えます。

しかし、健康な人のおならは臭くないのです。

そのため、おならが臭いという方は注意が必要です。

ここでは、おならが臭くなる原因について説明しているので、どのような理由で臭くなるのかしっかりと理解しましょう。

 

食べ物によって臭くなる

おならが臭くなる原因の一つとして、普段から摂取している食べ物が挙げられます。

おならには大きく分けると2種類あり、豆類やイモ類を食べた時に生じる発酵型のガスと、肉類や卵といった動物性のタンパク質を消化した時に出る腐敗性のガスがあります。

臭いおならというのは、肉食中心の腐敗性のガスが出る時なのです。

また、ニンニクや玉ねぎといった硫黄分が多いものを食べた時も臭いが強まってしまうという特徴があります。

臭いの原因物質であるのは、アンモニア・硫化水素・インドール・揮発性アミンといった成分で、これらのガスが発生する時におならは臭くなるのです。

つまり、今までは特におならが臭くなかったのに、急に臭くなったという場合は食生活が乱れている可能性が高いので十分に注意しなければなりません。

 

腸内の悪玉菌が増えると臭くなる

腸内の悪玉菌が増えているとおならは臭くなる傾向にあります。

炭水化物は主にビフィズス菌といった善玉菌が分解を行い、脂肪やタンパク質は悪玉菌が分解を行うといった仕組みになっております。

つまり、肉類ばかりの食生活を続けていると悪玉菌が増えすぎてしまうというわけです。

また、加齢と共に悪玉菌が増える傾向にあるので十分に注意しなければなりません。

これは年齢を重ねるごとにビフィズス菌が減り、ウェルシュ菌といった悪玉菌が増加してしまうからです。

この背景には生理機能の低下によって胃酸の分泌量が減少したり、腸のぜん動運動が弱くなったりすることが挙げられます。

こういった原因で悪玉菌が過ごしやすい環境が作られてしまうのです。

臭いおならをしなくするためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内環境を整える必要があります。

そのためには、乳酸菌や消臭作用があるお茶のカテキンを摂取すると良いでしょう。

 

 

おならの臭いを抑えるためには、腸の健康状態を良くする必要があります。

そこで、タンパク質・炭水化物・ビタミン・脂質・食物繊維といった栄養素をバランス良く摂取することが大事です。

また、早食いをするとしっかりと吸収されなかった炭水化物やタンパク質が大腸にまで届いてしまうので、腸内の細菌の働きが促進されて臭いも増してしまいます。

そのため、食事はゆっくりと腹八分目を心掛けてとるようにしてください。

 

 

「おならが臭い.net」のメニュー